CLV精力剤、ED治療薬、媚薬正規品公式サイト

  • 注文受付:24時間受付(自動返信)  |  お問い合わせ
  • 税金なし!2万円以上無料配送!
  • 商品点数 731
  • コロミ数 17200

ED勃起不全の原因|加齢勃起不全の治療|ED勃起障害の予防


ED勃起不全とは?

EDを起こす原因(日常生活の問題)

ED勃起不全(機能性要因)

ED勃起不全の投薬治療に関する注意点

ED勃起不全の予防(身体のケアとセルフケア方法)

ED勃起不全(加齢)

ED勃起不全(性交問題により)


ED勃起不全とは?

ED勃起不全


ED(イーディー)勃起不全とは「勃起機能の低下」を意味し、英語で「Erectile Dysfunction」、日本語で「勃起障害」あるいは「勃起不全」と訳されます。


そのような言葉にすると、完全に勃起ができない状態、ととらえがちですが、実はそうではありません。勃起に時間がかかったり、勃起しても途中で萎えてしまったりして、満足のいく性行為がうまくできない・・・と感じる人は、いずれもED勃起不全の疑いがあります。専門的には、「性行為の時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性行為が行えない状態」と定義されています。このような症状で、困ってしまうのは、何よりも満足いく性行為が出来ないことです。自分一人だけの問題ではなく、大切なパートナーにも関わる問題ですので、ED勃起不全について知っておくことが非常に重要なことになっています。


1998年に行われた調査によると、中等度ED「たまに勃起、性交中勃起は維持できる」と、重度ED「勃起せずに性交不可能」の日本人男性(成人)は、約1130万人でした。年代別に見ると、なんと日本人男性の40歳代の5人に1人、50歳代の2.5人に1人、60歳代の1.7人に1人が中等症以上のED(勃起不全)ということになります。ED(勃起不全)は身近な疾患と言えます。


勃起不全治療薬バイアグラレビトラシアリスを服用しての治療が主流です。それぞれに特性があり、効能も様々です。ただし、狭心症や心筋梗塞の治療で硝酸薬を使用している場合は治療薬を併用して使用する事が禁止されていますので注意が必要です。


EDを起こす原因(日常生活の問題)


EDになってしまう原因は人ぞれぞれと言っていいかもしれません。いままで説明してきましたように、一口にEDとは言っても、その言葉だけに集約されえない、一人一人の人間の人生経験が、EDの原因ひとつとなっているわけですから。とはいえ、大まかな原因は事故などの外傷、そして病気やその治療薬以外でいえば、日常生活、性交、加齢における原因がほぼその大半を占めます。ここでは日常生活の問題はどのようにEDになるのかのメカニズムを明らかにすることで、それを回避し、EDの予防について、知識を得ていただきたいと思います。EDになってしまう原因


日常生活とは仕事と家庭両方、日常的に生活しているフィールドと考えてください。そこにはありとあらゆるEDの危険因子が紛れ込んでいます。その因子とは、ストレスやショックです。仕事でいえば売上やミスなどへのプレッシャーや、上司への畏怖、下からの突き上げ、職場いじめ、長時間労働、タスクの多さなど、精神的なストレスがかかる場面はたくさんあります。それらの事象は一見EDとは関係なくても、仕事のことが気になりすぎてプライベートでもリラックスできない=セックスのことも考え付かないし、性欲もないなどの傾向へとシフトし、それがやがてEDとなって身体機能にまで影響を及ぼしてしまいます。家庭内のストレスも同じです。家族間のいざこざ、子どもの教育、子作りへのプレッシャーなどもやがてはEDを引き起こす原因となり得ます。こうした家庭内外のストレスやショックは予防できる部分もあります。


たとえば、仕事では「がんばりすぎない」ことも大切です。自分をどこか客観的にみることのできる自分をイメージして、その自分を本当の自分と思い込みましょう。これ、案外効きます。ストレスを受け流すことが大切で、プレッシャーを受けているのは自分ではない自分と考えるのです。禅問答のようですが、これはある意味真理です。


ED勃起不全(機能性要因)


医学上、ED勃起不全にはその原因などのそれぞれの罹患状況により、いくつかの種類に分類されます。ですので、一概にED勃起不全とひとくくりにしてはならない理由もそこにあり、人それぞれ、種類別に最適な治療方法があるのです。本文では、機能性要因のED勃起不全についてご説明します。興味がある方是非ご覧ください!


機能性要因


機能性要因 ED勃起不全で相談がもっとも多いのが、このタイプです。


機能性勃起不全は別名、心因性勃起不全と言われるもので、個人の何らかの心理的な影響によって勃起不全が起こっている状態を言います。つまり解剖学的に言えば勃起をすること自体に身体的な障壁はまったくありません。身体に原因があるのではなく、心にED勃起不全の原因があるのが機能性ED勃起不全に分類されます。原因となる出来事に対して、なんとなく心当たりはあるものの、いままで普通に勃起していたものが急に起たなくなるわけですからそのショックは大きく、多くの人が惑いを隠せません。悩みに悩んで、自分ではどうしようもなくなって医師に相談する方も多く、潜在的に機能性ED勃起不全を抱えた人は実数以上に多いかもしれません。問題は人それぞれ。ED勃起不全の解決方法も多岐に渡ります。


治療に関してですが、この種類のED勃起不全は精神的な理由によるものなので、その原因となった出来事や気持ちの面をケアする必要がでてきます。夫婦の気持ちのズレ、子作りのプレッシャー、緊張、仕事や家庭でのストレス、過去の性交の失敗を引きずる、長い間セックスしてこなかったなど、問題はひとそれぞれ、解決方法も杓子定規というわけにはいきません。そのほか、たとえば自分で自慰すれば勃起するものの、相手がいると萎えてしまうとか、コンドームをつけると起たないとか、そういったケースもあります。この手のED勃起不全が厄介なのは、よく言われるED勃起不全治療薬で何とかなるものでもないという点です。つまり、効く場合もあれば、効かない場合もある。仮に効いたとしてもそれは一時的なもので、根本的な心理的原因を解決しないことには本当の意味で治療に成功したことにはなりません。


パートナーと一緒に解決することが改善の近道です


重要なのは機能性ED勃起不全の治療にふさわしい環境を、本人の周りに作ることです。それはつまり、正しい知識と理解を得たパートナーと一緒に治療を受けることですね。まれに、本人ではなくパートナーの方が、ED勃起不全治療薬を飲ませたいと医師のところに相談しに行くですとか、自ら薬を購入するなどのケースもあるようです。それはED勃起不全に対する無理解の典型例のようなものです。ED勃起不全の原因がもし心因性ED勃起不全のものであれば薬を飲ませてもあまり意味がないわけですから、いかに正しい理解と、一緒に解決することが重要なのかお分かりいただけると思います。


ED勃起不全の投薬治療に関する注意点


薬を飲んだだけでは勃起しない

薬を飲んだだけ


イメージとしてはED勃起不全治療薬を飲んだとたんに陰茎が大きくなり、数時間はその状態が保たれると考えるかもしれませんが、それはまちがいです。勃起させるためには通常の勃起と同様に、性的な刺激が必要です。あくまで薬剤は勃起を助けるものです。射精したら勃起は収まります。これは生理現象と一緒ですね。なので、もし自分の陰茎が「暴れん棒」のようになってしまうことを不安に思っているなら、それは杞憂というものとご理解ください。


精力増強剤ではない


ED勃起不全治療薬は医師の処方が必要な薬です。アダルトショップで売っている媚薬ではありません。飲んだからと言って淫靡な気持ちになるわけではないですね。それと感度が上がるわけでもありません。あくまで陰茎に対し、勃起に必要な血液量を確保させるための薬剤ですから、そこに性欲を増強させるED治療薬の効果などないことはお分かりになると思います。


ED勃起障害の予防(身体のケアとセルフケア方法)


ED勃起不全にならないための方法は、身体と精神の正常なバランスを保つこと、身体的に負担のかかる日常生活を送らないこと、精神的なストレスをため込まないこと、この3つの軸を意識しましょう。本文では、身体のケアとセルフケア方法についてを簡単にご紹介します。


身体のケア


皮下脂肪が大量に蓄積した状態、いわゆる肥満になった状態が続くと、男性ホルモンの分泌を阻害し、ED勃起障害を引き起こしやすくなると言われています。そうならないために、日常的に摂取する食べ物には注意しなければなりません。脂肪の多い食事を避け、糖分は控えめに、主菜と副菜のバランスが良い食事を心がけましょう。血管障害を引き起こしやすいコレステロールを多く含む肉類を避けることも大切です。


肉類を食べることで補給していたタンパク質は魚や、大豆製品などを摂取することでシフトさせましょう。なにより食べ過ぎないこと。これが大切で、総カロリーを抑えることが、コレステロール値、中性脂肪値を自然に下げることにつながります。未来の性欲を充足させるために、今の食欲を抑える。そう考えれば安いものだと思います。


セルフケア方法


ED勃起障害のセルフケア方法として、いろいろなものが喧伝されています。


基本的には身体と心のケアが基本で、身体のケアとは血管の正常な働きを妨げることはせず、逆に血管の正常な働きを促すことを含みます。たとえば勃起不全の間接的な原因となる喫煙習慣を絶つこと、お酒の飲みすぎ、暴飲暴食を避けること、毎日適度な運動を続け新陳代謝を良くし、加齢に負けない若々しい身体づくりをするなどです。


心のケアとは心因性のED勃起障害をケアするための方法で、たとえば家庭や仕事場でのストレスをなくすこと、セックスに対する不安を排除するためのイメージトレーニングを行うこと、EDに関する正しい知識を学ぶことなどがあげられます。


ED勃起不全(加齢)


加齢はED勃起不全との関連性が高い指標です。病気や事故に合う確率が加齢とともに上昇することも加齢勃起不全を関連付ける一因と言えますが、それだけではありません。


性ホルモン

性ホルモン(陰茎,陰のう,前立腺,精のうなどの発達を促す)としての作用の元となる、テストステロンの分泌量が30歳ごろから年間1~2%の割合で減少し始めるため、性欲を感じにくくなったり、精巣の委縮にともない、陰茎の筋力低下によって自然と性交渉から遠ざかり、ED勃起不全の症状が軽度のものから重度のものへと変化していきます。


加齢勃起不全については、本人が身体ではいろいろな変化が起こっていることを理解すべきです。ED勃起不全になってもそれはそれで構わないという人はともかく(そんな人はまれでしょうが)、生涯現役のままで過ごしたい方は、身体機能の衰えという部分に注意を払い、それを改善する方策を練るのがイチバンです。


1998年に行われた調査によると、中等度ED「たまに勃起、性交中勃起は維持できる」と、重度ED「勃起せずに性交不可能」の日本人男性(成人)は、約1130万人でした。年代別に見ると、なんと日本人男性の40歳代の5人に1人、50歳代の2.5人に1人、60歳代の1.7人に1人が中等症以上のED(勃起不全)ということになります。ED(勃起不全)は身近な疾患と言えます。


ある調査によれば、60歳以上の男性の実に8割が性欲があるという結果がでています。歳をくっただけでは性欲は衰えはしませんが、その性欲を満たすための身体機能が衰えるというなんとも皮肉な話が加齢勃起不全なので、若いうちから十分なケアと、仮にED勃起不全の症状が出ても焦らずじっくりED勃起不全の治療を続けていくことが大切です。


ED勃起不全(性交問題により)


性交が原因になるED勃起不全は精神的なストレスに影響される部分が大きく、かつ男性側の原因と女性側の原因に分けられます。つまりは男性だけの問題と考えては解決するものも解決しません。それに女性の方の発言や態度がED勃起不全を引き起こすストレスとなる場合もありますから、女性の側のED勃起不全に関する理解は、それを解決するうえで不可欠です。

性交が原因になるED

具体的に言えば、男性の心の傷をやさしくケアしてあげることです。さまざまなストレスを起因とするED勃起不全は、自分では勃起に対して違和感を感じないままに、いざ性交に至ると勃起しない、中折れしてしまうなどのED勃起不全の症状が出ます。


男性自身は今度こそ上手くいく、と思っていても心のどこかで過去の失敗体験がジャマをし、また知らず知らずにプレッシャーを自分にかけてしまい、結局失敗するというのがお決まりのパターンでしょう。それに対し、女性が、またダメなの?などのトゲのある言葉をかけてしまうとますます治りにくくなる悪循環に陥ってしまいます。


だからこそ、逆に優しく抱きしめてあげたり、子どもを言い聞かせるような優しい言葉で包んであげることが大切になります。ちなみにコンドームをつけてしまうと途端に萎えてしまったり、中折れする男性もたまにいます。その場合、普段からコンドームをつけた状態で自慰を行ってコンドームに対する慣れたり、女性の側がピルを服用するなどの解決方法があります。


底部banner