CLV精力剤、ED治療薬、媚薬正規品公式サイト

  • 注文受付:24時間受付(自動返信)  |  お問い合わせ
  • 税金なし!2万円以上無料配送!
  • 商品点数 731
  • コロミ数 17200

漢方精力剤の成分・副作用|精力減退改善の対策


漢方精力剤とは

漢方薬の成分

漢方薬に副作用なし

漢方精力剤の口コミ

漢方薬で精力減退改善


漢方精力剤とは


4000年もまえから発達しつつあった漢方医学とは長い歳月と数多くの感情のある生きた人間を臨床の対象にして、研究に研究を重ねてできあがった漢の時代(2000年前)に編纂された「傷寒論」(しょうかんろん)・「金匱要略」(きんきようりゃく)を基礎とし、発展して治療法が確立された医学です。 いろんなジャンルの精力剤があるかと思いますが、漢方と聞くと、「体に良い」「変な副作用がない」「その分効果は薄い」というイメージがあると思います。精力剤にもクスリではなく漢方が多数あります。


私も初めて漢方系精力剤を使った時、実際性行為時にペニスが勃起するのか不安でしたが、自然に勃起しスムーズに性行為が行えました。勃起感覚的にED治療薬との違いはさほど感じなかったですね。体に優しいことへの安心感はとても満足で、再度使用したいと思わせるところもいいと思います。 またED治療薬と違うなと感じたのが、射精の快感度がとても自然で、ED治療薬のペニスだけ大きくして射精だけといった感じではなかったです。私は胃が強くなかったので、服用後は少し胃もたれした感覚は残りました。


漢方精力剤の成分


最近では、医薬品よりも手軽に買える東洋医学的な漢方生薬成分が大人気です。漢方精力剤とは、生薬とよばれます。植物や動物、鉱物などを2種類以上組み合わされて作られたものです。副作用がありません。その中で精力回復によいとされているのがスッポン、マムシ、マカ、ニンニク、オットセイ、サソリ、高麗人参(朝鮮人参)、亜鉛などです。スッポンとは、滋養強壮の食材とされているが、肉には水分が多いです。蛋白質、脂質が少なくカロリーは低いです。ビタミンA、ビタミンB1は多いです。


マムシ

マムシの皮を取り去り乾燥させたものを、反鼻と呼び、漢方薬として滋養強壮などの目的で用います。また、胆嚢を乾燥したものは蛇胆(じゃたん(通称じゃったん))と呼ばれ、反鼻よりも滋養強壮効果が高いとされます。反鼻や蛇胆は、栄養ドリンクなどによく使用されています。


マカ

が更年期障害やストレスからくる若年性更年期障害に対し行われるホルモン補充療法のひとつとして、マカの効果が十分期待できるものと考えられると発表された。


ニンニク

糖質の分解を促す(ビタミンB1の効果を高める)アリシンも含み、疲労回復や体力増強に効果があります。


オットセイ

陰茎や睾丸(生薬名:海狗腎)が精力剤などの漢方薬材料として珍重されたため、乱獲により生息数が激減しました。


サソリ

漢方の生薬学においては、有名なものではトリカブト(附子)などのように、毒性を持つものが独特の効力を発揮するものとして、しばしば生薬に利用されるが、毒性を持つサソリも卒中や神経麻痺・痙攣に効果があるとされます。


高麗人参

主要な薬用部位は根で有用成分はジンセノサイドとよばれるサポニン群で、糖尿病、動脈硬化、滋養強壮に効能があります。


亜鉛

インスリンの構造維持に必須でもあり、糖代謝にも関与します。医師による治療の際は、亜鉛含有製剤としてポラプレジンクなどが処方されます。亜鉛欠乏時には、胃腸機能の減衰および免疫機能低下による下痢が見られ、亜鉛を含む栄養素の摂取不良を招き、欠乏がさらに悪化することがあります。


漢方薬に副作用なし?


漢方といえば「副作用がない」なんてイメージありますが、医薬品として明確な作用があれば当然副作用もある、ということで、残念ながらこれは大きな間違いです。

しかし、漢方薬は1000年以上もの長い年月をかけて臨床実験を繰り返してきた分、生薬の組み合わせで副作用を抑える技術が発達しているので、西洋薬に比べて発生率が低いと考えられています。膨大な人体実験のデータに基づくとなると、説得力がありますね…。

ただ、漢方精力剤の効き目は西洋薬に比べて、非常にスローペースなので注意が必要です。そのため、もし即効性を求めるのであれば西洋薬をオススメしますが、長い目で本質的な回復を目指す場合には、体に優しい漢方の方が適切でしょう。


漢方精力剤の口コミ


最後に一般に販売されている漢方系の精力剤の情報を載せておきます。実際に使用した方の評判なども参考にしてみてください。


MAXMAN

天然の植物原料を配合したMAXMANは、副作用の心配がなさそうなところがやはりいいですね。思っていたほどは、勃起力・硬さ・持久力はすごくはないですね。ただ日常使いには十分ではないでしょうか、安全性や値段のことを考えると私はイーシーリンで落ち着いています。値段も高くないですしね。

アレが強くなったのはもちろんのこと朝の目覚めや肌つやもよくなって大変満足している。一粒飲むと次の日までしっかり持続していますよ。


威哥王

私にはかなりきついぐらいに効果が見られました。この歳でも毎回楽しめるのはうれしいですね。軽い頭痛は毎回ありますが、大きな副作用は感じておりません。

正直、可もなく不可もなくといった印象。確かに効くには効くが、劇的な違いを感じるほどじゃない。ただ、自分が酒を飲んでいたので効かなかった可能性もある。そうでなければもっと効くのかもしれないけど、そもそも酒を飲んでも効くやつが欲しい。


三便宝

この三便宝カプセルを使って持続力向上しましたね。持続力向上効果は十分あると思いますよ。

最初から2カプセル服用するのはちょっと?と思い1カプセルにしましたが、それでも思っていた以上に効果がありましたので感激です。当分は1カプセル/回の使用でいきたいと思っております。


徳国公牛

自信を取り戻すために、この種類の精力剤を購入してみました。何十年ぶりに3回戦できました。いい商品をどうもありがとうございました。徳国公牛を使用して抜群の硬度に驚き、射精後も硬度を保ったまま、効果は良いです。


漢方薬で精力減退改善


さて、これまで精力減退の改善シリーズでは、食生活の見直しやツボを使った方法について説明してきましたが、今回は漢方による精力減退の改善効果についてです。

漢方と聞くと「胡散臭い」という人から「確かな効果がある」という人まで意見は様々ですが、精力減退のケースでは、改善は本当に見込めるのでしょうか?

漢方って本当に効くの?結論から言うと、漢方は正しく使用すれば効果はあります。漢方は自然の力で心身の変調を整え、病気や症状を治すというコンセプトの医療で、一口に漢方薬と言っても分類は大きく2つに分けることができます。

いずれの漢方も、複数の生薬が組み合わさったものが一般的ですが、西洋医学と違って患者個人個人の体質や状態に合った治療を施すので、調合される薬は人それぞれで違うのが特徴です。


底部banner