CLV精力剤、ED治療薬、媚薬正規品公式サイト

  • 注文受付:24時間受付(自動返信)  |  お問い合わせ
  • 税金なし!2万円以上無料配送!
  • 商品点数 731
  • コロミ数 17200

シアリスとレビトラの基礎知識|シアリスとレビトラの比較基本情報


シアリス

レビトラ

シアリス、レビトラの比較


シアリス


シアリスは日本イーライリリー株式会社から生産されるED治療薬です。日本では2007年7月31日に「5mg」 「10mg]」「20mg」の3種類の規格で製造販売承認を取得しています。今まで、市販販売で人気がある種類は「10mg]」「20mg」があります。


シアリスに含まれる有効成分は「タダラフィル」です。この成分がどのくらい含まれているかで [5mg][10mg][20mg]と呼び名が変わります。このシアリスの主成分であるタダラフィルは白色の粉末で水に溶けない性質を持っています。服用後の最高血中濃度到達時間が30分~4時間と人によっても大きな個人差が出てきます。(ちなみにバイアグラは30分~1時間半、レビトラは42分~54 分)よって、服用のタイミングは性行為の3時間くらい前が無難でしょう。


レビトラ


レビトラは2003年にアメリカで生産されました。市販で販売しています。日本では2004年に厚生労働省から許可されました。同年6月に発売されました。レビトラは始める販売するときに統一規格が5mgと10mgを生産されました。2007年20mgの高用量規格も販売になりました。


レビトラは、男性性機能の勃起不全や、勃起を持続できない方の治療を目的としたED治療薬です。外部からの性的な刺激および興奮により、男性器の自然な勃起を促し、持続力を保ちます。レビトラ10mgの効果持続時間は、空腹時に服用すれば最低5時間~6時間の効果がみられます。


レビトラは、バイアグラとは含まれている有効成分が違う同じED治療薬です。レビトラの有効成分は「バルデナフィル」といいます。レビトラには、5mg、10mg、20mgの3種類の規格があります。でも市販で一般的に10mg、20mgの二つの種類が販売しています。各容量の錠剤1錠あたりに、規格分の有効成分「バルデナフィル」が含まれています。バルデナフィルの方が水溶性に富んでいるという点です。水に溶けやすく、身体に吸収されやすいという点がレビトラの特徴である「即効性」に寄与しています。



シアリス、レビトラの比較


シアリス、レビトラの比較はまず有効成分の違いがあげられます。


レビトラ20mgは有効成分としてバルデナフィル塩酸塩水和物 23.705mgうちバルデナフィル20mg含有してます。 シアリス20mgは有効成分としてタダラフィルが20mg含有しています。


共通して言えることは、レビトラ、シアリスともに性的刺激による勃起を補助する効果であり服用すれば勃起するというお薬ではないことと、2剤とも血管拡張作用があるので、個人差はありますが副作用として「顔のほてり」はほとんどの方にあります。お酒を飲むと頭痛や動悸がする人は、ED治療薬を 服用しても同じように副作用として頭痛や動悸が出る可能性が高くなります。そのような方は頭痛薬との併用することで緩和されます。それぞれの特徴として上 げられるのが作用時間の違いがあります。レビトラは作用時間が4~5時間に対してシアリスは30~36時間もあります。


効果や副作用等の違いについてですが、効果には個人差がございます。人によってはレビトラ10mgやレビ トラ20mgの方が効くという方やシアリス10mgやシアリス20mgが一番効くという方もいますので一概にどのお薬が一番効果があるというのは申しあげ にくいところです。副作用である「顔のほてり」や「目の充血」「頭痛」「動悸」「鼻づまり」などの症状の出方も個人差がありますので、こちらも2剤飲み比べて判断していただくのがよいでしょう。


人によってお薬を選ぶ基準にも差がございますので是非とも2剤飲み比べてみてください。さらに詳しくレビトラ、シアリスの比較を知りたい方はシアリスとレビトラの比較基本情報も参考してください。

底部banner