CLV精力剤、ED治療薬、媚薬正規品公式サイト

  • 注文受付:24時間受付(自動返信)  |  お問い合わせ
  • 税金なし!2万円以上無料配送!

プラビックス 抗血栓薬

入荷状況: 在庫有り

プラビックス75mg
個数1 錠販売価格数量購入
75mg x 14錠¥337¥4,730 ;ist
返品について 15日以内に返品返金可能!

¥15000円以上ご購入で送料、手数料無料!即日発送!

プラビックス 抗血栓薬

もっと見る

※商品の外観は製造時期 / 発送のタイミングにより画像と異なる場合がございます。

商品説明

プラビックスはサノフィが製造販売する抗血栓薬です。血液を固まりにくくするお薬です。血栓や塞栓の治療に用います。

血小板の活性化に基づく血小板凝集を抑制して血栓形成を抑え、血管がつまらないようにします。通常、虚血性脳血管障害の再発の抑制と、経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される急性冠症候群、安定狭心症、陳旧性心筋梗塞と、末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制に用いられます。おもに、脳の血管が詰まる脳卒中(脳梗塞)の予防に用いられています。

効果効能 脳血管障害治療
有効成分 クロピドグレル硫酸塩
用法

【虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制の場合】

通常、成人はクロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与するが、年齢、体重、症状により50mgを1日1回服用します。

【経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される虚血性心疾患の場合】

通常、成人は投与開始日にクロピドグレルとして300mgを1日1回服用し、後で、維持量として1日1回75mgを服用します。

【末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制の場合】

通常、成人はクロピドグレルとして75mgを1日1回服用します。


副作用

プラビックスの副作用は主に

•肝機能障害

•貧血

•発疹

•胃腸出血

•紫斑、鼻出血等の出血傾向

•消化不良

•腹痛、下痢

が報告されています。

そして重い肝障害、中毒性表皮壊死症、皮膚粘膜眼症候群、紅皮症、多形渗出性紅斑、吐き気、食欲不振などの胃腸障害、じんましん、腎機能異常、味覚障害、出血傾向、頭痛、動悸などがおこることがあります。

ときに過敏症状が現れることがあります。過敏症状が現れたときは服用を止め、すぐ医師に相談してください。


注意事項

1.空腹時の服用は避けてください。

2.アスピリンやワルファリンなど他の抗血栓薬と併用する場合は、出血の副作用に十分注意する必要があります。

3.症状や治療目的によって飲みかたが違います。指示された用法用量を守ってください。ふつう、空腹時や食間を避け、1日1回食後に飲みます。

4.出血傾向及びその素因のある患者、重篤な肝障害のある患者、重篤な腎障害のある患者、高血圧が持続している患者、高齢者、低体重の患者、他のチエノピリジン系薬剤(チクロピジン塩酸塩等)に対し過敏症の既往歴のある患者は慎重に投与してください。

5.定期的に肝機能や血液の検査を受ける必要があります。とくに飲み始めの2カ月間は、2週間ごとにおこなうことが望ましいです。


この商品を買った人はこんな商品も買っています:

お客様より頂いたレビュー

商品 1 から 4 の1 合計

安いです。! 竹内
  • 口コミ 評価
病院より安いです。しかも効果はいいです。 (投稿日:07/04/2017)

商品 1 から 4 の1 合計

レビューを書く

この商品 プラビックス 抗血栓薬

あなたはこの商品をどのように評価しますか? *

  1つ星 2つ星 3つ星 4つ星 5つ星
口コミ 評価
底部banner